古くなった装置を
延命 & 再生

従来の開発資産を活かし、競争力アップ

装置そのものが持つ機能・性能に加え、システムインターフェイスやサイズ等、変えることの出来ない条件を活かした状態に再設計し、装置性能のパワーアップをご提案します。
設計担当者が不在となってしまい回路図等のベースとなる設計情報が整わない場合でも、現物解析から製品化した事例もあります。

課題や要望

  • 電子部品のEOL(生産中止)により製品の継続生産ができない
  • 機種を統廃合してトータルコストダウンをしたい
  • 開発を進めたいがリソースが足りない
  • 短期間での開発が必要

解決策、簡単な事例

  • 真空ポンプコントローラー(電子部品のEOL多数)
    お客様の抱えていた課題に対して新しいコンセプトの提案を行い、最新技術にて回路規模を縮小し省スペース化及びコスト削減を行う。
  • 交通信号装置(CPU・主要部品のEOL)
    従来機との互換性および品質を確保したうえで、新たな回路構成・部品の提案を行いコスト削減に繋げる。
    また、機種別の専用基板を統廃合し基板を統一することで在庫管理とトータルコストを軽減する。
  • 薬剤機 基板再生(電子部品のEOLにあたり後継部品もないため保守対応が取れない)
    回路シミュレーションを行い同等の性能を持つ回路を提案および採用し、従来機との互換性も持たせることで保守対応の問題を解決する。

PDFダウンロード