製品案内、メカシステム、ハードウェア、ソフトウェア
HDDコピーと簡易試験を強力にサポート  HDDコピーツール
HRT BASIC

HRT BASIC

  JANコード 456223808 0019

1台でHDDコピーと簡易試験を高速処理
データ消去機能搭載したHDDコピーツール
(Serial-ATA 3Gbps標準対応)

HRT BASICのおもな機能

1対3のデータコピー
データ消去
簡易試験
SMART診断

製品仕様 アップデート情報  

PDFカタログはこちら  

■データコピー

 14秒/1GBの高速処理を実現しています。(1対1接続時)
 用途別に3種類のメニューをセレクトできます。

 ◆ファイルコピー(NTFS、FAT32、Linux EXT2/3)
  マスターHDDのデータがあるところのみコピーします。コピー時間が大幅に短縮できます。
  未使用領域も認識し、全ての領域は使用可能になります。 

 ※Linux EXT2/3については、HRT BASIC本体ソフトウェアバージョン V1.03 よりサポート
   しております。
  ファイルコピー


 ◆容量指定コピー
  マスターHDDの使用容量が予め分かっている場合、指定容量分をコピーすることでコピー時間が
  短縮できます。
  未使用領域も認識し、全ての領域は使用可能になります。

  容量指定コピー


 ◆物理コピー
  マスターHDDの全ての領域をコピーします。
  ファイルフォーマットに依存せずコピーできます。

  物理コピー


 ◆コピー速度(実測値)
  1対1接続時 : 14秒/1GB
  1対3接続時 : 28秒/1GB
  ※W社製 3.5inch 高速HDD使用時。

  コピー速度

  1対3接続では、全体では1対1の2倍の時間がかかりますが、1台あたりでは1対1と比較して
  1.5倍速くコピーが可能です。HDD接続替えの手間も一度で済みます。

■データ消去

 3種類の方式をサポートし、重要なデータの漏洩防止を図ります。

  ・ALL 00h     ・・・ HDD全領域に00hを書込みデータ消去を行います。
  ・NSA-standard ・・・ NSA標準方式でデータ消去を行います。
                (ランダムデータ@ → ランダムデータA → 00h の順に、HDD全領域に
                3回書き込みます。)
  ・NSA-old     ・・・ NSA旧方式でデータ消去を行います
                (FFh → 00h → FFh → 00h の順に、HDD全領域に4回書き込みます。)

■簡易試験

 6種類のデータパターンからセレクトし、ライト/リード/コンペア試験をサポートします。
 試験範囲は、HDDの全面、LBA First又はLBA Lastからの範囲(HDD全面を100とした%による)指定が可能です。
 連続試験(エージング)も可能です。

  簡易試験  


■S.M.A.R.T.診断

 動作前、動作後のS.M.A.R.T.を取得、限界値(しきい値)との判定を行い異常を検出します。

■製品仕様


型名 HBSA3401A
HDDインターフェース Serial ATA2(3Gbps/1.5Gbps)
Parallel ATA(IDE) 3.5inch/2.5inch (オプションの変換アダプタ使用時)
ドライブ数 マスター 1台、ターゲット 3台
動作機能  【データコピー】
 ・フルコピー/容量指定コピー/ファイルコピー
  3種類のコピー方式をサポート
 ・コピー&データ検証
 【データ消去】
 ・NSA/旧NSA規格による消去
 ・ALLゼロデータによる上書き
 【簡易試験】
 ・リード/ライト/データ比較の組合せが可能
 ・全面または指定範囲の試験
 ・データパターン指定
 【S.M.A.R.T.診断】
HDD用電源 5V(2A)、12V(3A)をHDD単位で供給
外部インターフェース 拡張I/O ※オプション
LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
※本体プログラムアップデート用
入力電源 AC100V 50Hz/60Hz
サイズ(本体のみ) 幅363o×奥行253o×高さ68o
重量 約3kg
※Parallel ATA(IDE)インターフェースのドライブは、ATA-4 以上からサポートしています。

■アップデート情報  
 ・主なアップデート内容
 ファイルコピーのLinux EXT2/3フォーマット対応。
 ファイルコピー/コンペア動作の高速化(従来品比 5〜10%の速度アップ)。

 ・バージョン確認方法

 本体の電源を入れるとメモリチェックが行われ、数秒後に初期化が開始されますが、その際に表示パネルに右記のようにバージョンが表示されます。

バージョン表示が1.03以前であればアップデート対象品です。

  バージョン表示

 ・対応方法
 バージョン1.03以前のHRT BASICご利用のお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ
 ください。 その際、製品シリアルNo.もご一緒にお知らせください。